誰でも罹るかもしれない心の病気【健康は第一の富】

女性

予防法とこれからの対策

カウンセリング

私たち人間は一人ひとり性格が違います。細かいことでくよくよせずにポジティブに前向きに生きることができる人も居れば、些細なことをとても気にしてしまい、気分が落ち込んでしまう人も居ます。心の病気にかかりやすいのは圧倒的に後者のような性格の人です。こういった性格の人はストレスの発散方法が基本的にうまくない人が多いです。また、発散方法は知っていたとしても自分はこんなことをしている場合ではないのじゃないだろうかという気分にとらわれてしまい、発散できないでいます。心の病気を予防するには、まずはいち早く自分の心の状態を知ることがとても大切です。自分の心の状態を知るには質問に答えていくセルフチェックという方法があります。こういったセルフチェックによるゆううつ度チェックというのはインターネットで検索すればたくさん出てきますので、気になる人はチェックしてみるとよいでしょう。そして、自分の心が疲れているなという認識が出来たら、それの解決に向けて動いていくようにしましょう。まずは、ゆっくりと心を休めて沈んだ気分を回復させます。自分の好きなことを存分に楽しむのも良いでしょう。そして、ゆううつの原因を見つけ、解決に向けて動き出しましょう。

私たち日本人は基本的には責任感が強く、物事を完ぺきにこなさないと気が済まない性格の人が多いです。この性格は実に心の病気にかかりやすい性格で、現代社会では心の病気がとても大きな社会問題になっています。競争社会や成果主義の現状もこの心の病気にかかりやすい環境に大きく影響しています。心の病気で最も一般的なのはうつ病ですが、現在、このうつ病というのには10から15人に一人が生涯に一度はかかるといわれています。10から15人に一人という事は私たちが日ごろ仕事をしている職場で一緒に働いている人のうち、だらかがうつ病になってしまっているというような確率です。そう考えると決して他人ごとではないという事がよくわかります。そして、うつ病は心の風邪とは言われていますが、風のように1週間で治るような病気ではありません。短い人でも数か月、長い人は何年もこの病気と向き合っていかなければなりません。うつ病が重症化すると学校や会社に行けなくなります。企業にとっては心の病というのは決して無視できない大きな問題になっています。そのため、これからの対策として、企業のメンタルヘルス対策というのは義務化になっていくだろうといわれています。企業によっては、専属のクリニックを設けていることもあります。クリニックでは、心理的カウンセリングや投薬治療などを行ない、心の病気の治療を進めていきます。上司には相談しにくい悩みも心療内科や精神科の医師には相談しやすいでしょう。務めている企業で、専属のクリニックが設けられていない場合には、自身で優良なクリニックを探して通院するべきです。インターネットサイトで簡単に調べることが出来ます。