誰でも罹るかもしれない心の病気【健康は第一の富】

女性

予防法と注意点

医者

心の病気というのは私たちであればだれもがかかりうる病気です。特に責任感が強い人や完璧主義のいわゆる真面目な人はとてもこの心の病気にかかりやすいといわれています。私たち日本人にはどちらかというとこういった性格の人が多いので、心の病気にとてもかかりやすい人種だといわれています。心の病気は一度かかってしまうと治療にとても長い時間を要しますし、ほんの些細なことで再発や悪化してしまったりします。この病気を予防するには考え方を変えることがとても重要になります。完璧主義な人はいつも自分の行うことが完璧にできていないと気分が落ち込んでしまうものですが、世の中そんなにすべてが完璧にいくとは限らないのです。ですから、重大なミスなどはやってはいけないですが、仕事などにそれほど影響がない些細なミスに関してはそれほど気にしないようにしましょう。そういう気分のかえ方で、気分が落ち込むという事が随分少なくなるのではないでしょうか。しかしながら、性格というのは長年生きてきて出来上がったものですから、その考え方を変えるというのはとても大変ですし、どのようにすればよいかわからない人も居るでしょう。そんな場合は周りの人に相談してみましょう。

しかし、心の病気を患っている人は身近な周りの人に相談することが出来なかったりします。その為、症状が進行してしまうこともあるのです。身近な人に相談することが出来ない場合には、医師のカウンセリングを受けることをおすすめします。心療内科や精神科では、医師が丁寧にカウンセリングを行ってくれます。これまでの悩みや緊張感を緩和してくれることでしょう。カウンセリングをした後は、症状に合わせて投薬治療を行ってくれます。最近では、もともと病気を患っている人が、病気によってストレスを抱え込み、心の病気を発症してしまっているケースもあります。そのような場合は、すでに発症している病気を治療してくれている医療機関に相談をしてから、心療内科へ通院することをおすすめします。そうすると、心療内科への紹介状を渡してくれ、心療内科への通院がスムーズに行きます。また、紹介状をもらえなかった場合にも、お薬手帳や診断書などを持参し、このような病気にかかっているということを心療内科の医師に申告しましょう。そうすることで、処方箋の副作用を避ける事ができます。全国各地に質の高い治療を行ってくれる心療内科や精神科が存在するので、心の病気の疑いがあるひとは受診してみましょう。