誰でも罹るかもしれない心の病気【健康は第一の富】

女性

今後の対策と予防法

医者

心の病気は現代社会で大きな問題となっています。今後は企業内でもこういった事に対する対策は義務化されることになるでしょう。心の病気に歯自分ではやく気づいて、対策をとることが悪化させない一番の予防法になります。

» 詳細を読む

予防法とこれからの対策

カウンセリング

心の病気の予防法としては重症化する前に自分で心の状態に気付き、疲れていると感じたら心を十分に休めるのが一番です。現在絵は10から15人の一人が生涯一度はうつ病になるといわれていて、企業側の対策がとても重要になっています。

» 詳細を読む

予防法と注意点

医者

心の病気は責任感が強いまじめな人がかかりやすいです。予防するには考え方を変え、些細なミスは気にしないようにすることが大切です。また、そのような気持ちの切り替えが出来ない場合には、専門のクリニックに受診してみる必要があるでしょう。

» 詳細を読む

心の疲労による病気

悩み

心の病気と言っても種類がいろいろあり、代表的なものとしてはうつ病や躁鬱病といった気分障害や、パニック障害や対人恐怖症といった不安障害、自閉症やアスペルガー障害といった子供に多くみられる心の病気などがあります。他にも統合失調症や解離性障害、摂食障害や適応障害などもあり、実に多種多様です。そんな心の病が疑われた場合、できるだけすぐに医療機関を受診するようにしましょう。そうすれば病気だと自覚することで改善に前向きになれますし、早期治療にもつながります。ちなみに医療機関を受診する場合は、精神科や心療内科、メンタルクリニックや精神神経科などが良いでしょう。また最初はどこを受診すれば良いのか悩んだり、精神科などを受診するのに抵抗があるようならば、総合病院の内科などを受診して、医師に相談の上で紹介をしてもらうという方法もあります。おもな治療方法としては、薬物療法と精神療法が一般的で、精神療法については精神分析療法や認知療法、行動療法などが有名です。また医療機関以外にも、心のケアなどをサポートしてくれる施設がいろいろあります。たとえば精神保健福祉センターや保健所、児童相談所などがあり、こういった施設ではカウンセラーや精神福祉士などが対応し、いろいろな相談に対応しています。

心の病気は誰でもなる可能性がある病気であるとともに、回復することが可能な病気でもあります。まずはそのことを理解した上で、心の病気と付き合うようにしましょう。そして病気の予防や悪化を防ぐためにも、ストレスをできるだけ溜めこまないようにすることも大切です。もちろんストレスだけが病気の原因というわけではありませんが、ストレスは他の病気にもつながる可能性もありますし、体にも変調をきたすこともあります。それゆえにゆったり湯船に浸かる入浴や、好きな音楽を聴いたりたっぷりの睡眠をとるといった、リラックスできる時間を大切にしましょう。また症状の初期サインが出たら、早めに医療機関や専門施設などを利用して、症状の改善に取り組むようにしましょう。症状が悪化すると改善までの時間も長くなりますし、早めの対応によって重症化や慢性化を防ぐことも出来ます。そして医療機関で処方された薬は、忘れずに飲み続けるようにしてください。症状が少し良くなかったからといって、そこで薬の服用をやめてしまうと、再発して回復が遅れてしまうこともあるからです。もっとも副作用がつらいような場合は、医師に相談してみましょう。あとは家族や友人、医師やカウンセラーなどに、相談をもちかけてみましょう。心の病気に関しては、話を聞いてもらうだけでも症状が軽減することもあります。

心因性精神疾患について

女性

心の病気は他の精神疾患と比べてカウンセリングなどの心理療法の効果が高いことが知られています。また、不安を和らげ、生活を見直すことで回復することが多いという特徴があります。ですから一人で悩まず専門医に相談し、心の傷を軽くするようにしましょう。

» 詳細を読む